Home

Select Country/RegionMalaysia

Hitachi Group Global Network

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa

Oceania

Close

You are here

構内配線システム

構内配線の設計および実装は、一連の標準規格に従って行われます。これらの規格では、データセンター、オフィス、集合住宅でデータおよび音声通信を行うための配線を規定しており、さまざまな種類のケーブル、最も一般的なカテゴリー5e(CAT-5E)、カテゴリー6(CAT-6)、光ファイバケーブル、およびモジュラコネクタを使用します。これらの規格は、お客さまのニーズを満たすためにさまざまなトポロジでケーブルを敷設する方法を定義します。一般的には、中央のパッチパネル(通常、19インチラックマウント)を使用して、そこから必要に応じて各モジュラコネクタを使用します。各アウトレットは、ネットワーク用のネットワークスイッチ(通常、ラックマウント)に接続されるか、IPまたはPBX(構内電話交換機)電話システムのパッチパネルに接続されます。