Home

Select Country/RegionMalaysia

Hitachi Group Global Network

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa

Oceania

Close

You are here

デジタルマニュファクチャリング

デジタルマニュファクチャリングとは、シミュレーション、三次元(3D)表示、解析、およびさまざまなコラボレーションツールで構成される、統合コンピュータシステムを使用して、製品設計と製造プロセスを同時に定義することを言います。製造を考慮した設計(DFM)、コンピュータ統合生産(CIM)、フレキシブル生産方式、リーン生産方式などの製造戦略から発展させ、製品設計と製造プロセスをより強く連携させるというニーズに応えます。デジタルマニュファクチャリングは、製品ライフサイクル管理(PLM)と製造現場のさまざまなアプリケーションや設備を統合して、設計チームと製造チームとの製品関連情報の交換を可能にする要となります。この統合により、製品の市場投入期間の短縮や生産量の目標達成が実現し、同時に、コスト増となる下流プロセスでの変更をなくしてコスト削減を実現することができます。デジタルマニュファクチャリングシステムを使用すると、仮想環境において、ツーリング、組立ライン、作業ステーション、設備レイアウト、人間工学、リソースなど、製造プロセスを完全に定義できます。