Home

Select Country/RegionMalaysia

Hitachi Group Global Network

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa

Oceania

Close

You are here

Teamcenter

Teamcenterエンジニアリングプロセス管理

  • Teamcenterのエンジニアリングプロセス管理ソリューションを使用すると、製品設計をすべてのサイトから1つの製品データ管理(PDM)システムに集約することで、グローバルエンジニアリングチームを統合できます。製品設計データを保存、管理、同期化でき、設計変更、検証、承認プロセスを自動化できます。
  • Teamcenterは、主要なすべてのCADシステムのデータを管理できるので、CADデータを変換する必要はありません。複数のCADデータはCADに依存しないJT形式に自動変換されるので、ユーザーによる操作は必要ありません。さまざまなCADシステムのパーツをビジュアルモックアップに取り込み、モックアップ上で可視化、プローブ、断面、分析、マークアップを実行できます。
  • Teamcenterのデジタル検証機能では、設計変更を継続的に収集できます。デジタルモックアップを常にオンにしておくことで、リアルタイムで設計変更を確認できます。設計者は現在の設定だけでなく、すべての設定に対して変更の検証を行うことができます。
  • Teamcenterのワークフロー自動化機能により、変更処理を実行できるようになります。この処理により、すべての製品開発関係者は必要なデータに瞬時にアクセスできるようになります。Teamcenterの包括的な設定管理機能により、要求された変更による影響度の共有と評価を行うことができます。

 

Teamcenterコンテンツおよびドキュメント管理

  • Teamcenterのコンテンツおよびドキュメント管理機能は、製品開発プロセス全体を管理する同一のPLM環境に文書作成プロセスを組み込みます。単純だが重要なビジネス文書を作成する場合も、複雑なサービスマニュアルを作成する場合も、文書作成者は製品コンテンツ/変更と同期をとることができるため、より正確かつ高品質の文書をスケジュールどおりに予算内で作成できます。
  • TeamcenterのPLM中央システムは、文書管理および技術書発行ソフトウェアを使用し、従来の組織やプロセスの境界を超越しています。Teamcenterは、製品開発に使われているコラボラティブなナレッジ管理環境に社内の文書作成者を取り込みます。文書作成者は、変更管理や製品発売など、同じ工程に参加し、製品パッケージ全体がオンタイムで、予算どおりに対応できているかどうかを確認できます。

 

Teamcenter部品表(BOM)管理

  • Teamcenterの部品表管理ソリューションでは、単純な構造から複雑な製品定義まで、お客さまが1つの環境で完全なBOM管理を行うことを実現します。BOM情報の単一のソースとその情報を分析するツールにより、すべての関係者に対してBOMの正確性と完全性が保証されます。別々のシステム、データベース、経理ソフトウェア内に時系列で保管されていた、あらゆるBOM情報をメンテナンスしたり、結び付けたり、検証したりする必要はありません。
  • Teamcenterを使用すると、製品オプションや変動要素を含む、複雑な製品定義を管理できます。個々の製品ではなく、製品ファミリーを管理できるので、さらに労力をかけることなく、より多くのオプションを有効にできます。コンテキスト管理により、個人およびチームは、(正しい製品提供、成熟度レベル/リリースレベル、構成、組織全体のプロセスを表示する)一貫したコンテキスト内で作業できます。ユーザーの目の前にあるタスクに固有の最新のBOM情報を明確かつ正確に可視化することで、生産性とコラボレーションを向上させます。
  • BOMのサポートは、設計および開発が完了した後も続き、製品ライフサイクル全体にわたってサポートされます。設計から調達、納品までにある隙間を埋めることで、エラー、廃棄、やり直し、保証コストを削減できます。さらに、ライフサイクル全体にわたってBOM情報の自動交換ができ、高コストで無駄な時間がかかり、エラーが発生しやすい手動による入力や変換のプロセスを削減できます。

 

Teamcenterラインナップ、プログラム、プロジェクト管理

  • Teamcenterを使用すると、戦略的な製品ラインナップ計画をプロジェクトとプログラム管理に結び付け、きめ細かい戦略実行が可能になります。Teamcenterの製品ラインナップ管理ソリューションでは、最適な投資ミックスの選択を継続的にコントロールして、研究開発(R&D)の投資利益率を最大化します。R&D全体を見て、製品ラインナップ管理戦略を定義し、全体的な優先度と計画を導き出します。
  • 製品ラインナップ管理戦略が定義されると、Teamcenterのプログラムとプロジェクト管理機能により、リソースの編成と活動の促進をサポートし、劇的なパフォーマンス向上を実現します。明確に定義され目標に向かってプロジェクトを実行することで、会社の戦略的なニーズを満たすようにリソースを効率的に調整できます。プログラムの可視性を高め、活動の同期をとることで、パフォーマンスと収益性を高め、R&D投資による全体でのリターンを増加させることができます。

 

Teamcenter要件管理

  • Teamcenterの要件管理ソフトウェアは、製品ライフサイクルの各段階においてお客さまの要望を理解し評価することで、文書化された期待、好み、業界標準、規制などの観点から、ターゲット市場とお客さまが何を求めているかを理解することができます。
  • 製品要件として、さまざまな情報源からお客さまの声を得ることができます。また、これらの要件に、コストとスケジュールの観点から市場投入プログラムの成功の決め手となる定量化可能な制限事項を付け加えられます。製品ライフサイクル全体において、その要件を製品の意思決定者と共有することができ、これにより、お客さまの声を反映した決定ができるようになります。
  • 決定時には、Teamcenterソフトウェアの要件追跡機能により、要件が分析およびトレースされるため、コンプライアンスの証明が可能になります。お客さまの声をもとに、コンプライアンスに関する追跡、検証、報告を行うことができ、パフォーマンス、人間工学、安全性、利便性、信頼性、保守性、リサイクル/廃棄など、さまざまな要件を構築できます。

 

Teamcenter製造工程管理
Teamcenterの製造工程管理ソリューションは、共通のPLM環境において、製品と、工程、リソース、工場レイアウトの知識を管理するための基盤テクノロジーです。このソリューションはオープンスタンダードで構築されており、新製品の設計および製造の工程の流れを効率化します。製品と工程の知識を一元管理することで、グローバルに展開される製品の設計および製造の活動を効率的に管理でき、市場投入時間を大幅に短縮し、生産量の目標を達成できます。

  • 製造の決定、分析、結果を明確に可視化する

パワフルなデータ管理、3D可視化ツール、分析ツールを使用して、さまざまな代替案を評価し、製造計画の最適化を行うことができます。ユーザーインターフェイスが改良され、さまざまな情報源からのデータを迅速かつ簡単に分析できるようになっています。インテリジェントな検索機能を使用して、高速かつ作業のコンテキストに沿った関連情報のみを表示するようにして、生産性を向上させることができます。3D PDF技術を使用して、アニメーションを含む作業指示書を作成し、製造現場に対して組立指示書を明確かつ正確に伝えることができます。

  • 変更への対応を効率的に行う

製品設計部門と製造部門が完全に統合されている場合、製品開発工程を完全にコントロールし、変更が各段階に与える影響を把握できます。製品設計部門または製造部門のいずれかの段階で変更が行われる場合は、即座に連絡を取り合い、パワフルな分析・検証ツールを使用して全体のシナリオを調整することができます。変更が発生した場合は、Teamcenterの変更管理を介して、担当部門に通知が送信されるので、組織はよりよい計画決定をすることができます。

 

Teamcenter保守、修理、整備/SLM

  • Teamcenterの「コンフィグレーション指向のMRO」というアプローチは、エンジニアリング、製造、物流、保守の部門間にある隙間を埋めることで、より効率的なサービスを実施するというものです。Teamcenterは、サービスデータ管理(SDM)により、サービス、資産、工程知識の安全かつ単一の情報源を確立し、ライフサイクル全体またはそのサービス部分のみをカバーする必要がある組織において、製品ライフサイクル全体をサポートします。MROプロセス管理ソリューションでは、資産の構成と状況を1つに定義することで、サービス運用を向上させます。SDMでは、MROプロセス管理ソリューションの共通基盤を提供します。製品ライフサイクル管理(PLM)環境内でMROを効率化することにより、製品のエンジニアリング、製造、サービス間でのループを完結させ、製品とサービスを向上させるのと同時に、運用の無駄を省き、資産運用成果を向上させることができます。
  • サービスとサポートが差別化と増益の戦略的な機会になることを認識し、製造業者はサポートに関する考慮事項を製品ライフサイクルに直接的に組み込むことができます。サービスの計画と提供をより効果的に行い、管理資産の稼働率を最大限に高め、サービスに関連する指標や規制機関のコンプライアンスを確保することをサポートして、サービス事業の成長を支えます。サードパーティのサービスプロバイダー、オーナー/オペレーターの場合、Teamcenterは、サービスの知識とプロセス管理環境を提供し、すべてのサービス組織全体で同期がとれるようにします。資産構成の単一のソースを提供することで、部品在庫の購入と使用、サービス計画、メンテナンス計画、サービスの手順とプロセスをサポートします。


Teamcenterサプライヤーとの統合

  • Teamcenterのサプライヤーとの統合ソリューションは、製品開発プロセスのすべての段階で、広範にわたって企業とサプライヤー(および関連情報)を統合します。
  • Teamcenterは、サプライヤーとの統合の過程を自動化し、サプライチェーン設計とプロセスデータを細かいレベルで管理します。
  • Teamcenterが実施する調達プロセスはBOMと連携され、完成品のサプライヤーコストへの影響度を捉えることができます。
  • Teamcenterを使用すると、すべての利害関係者(購入、エンジニアリング、品質、製造など)はサプライヤー情報にアクセスして、サプライヤーの検索、特定、監視を素早く行うことができます。PLMプロセスでサプライヤーとの統合を行った場合、購入部品の決定とサプライヤー分析をより効率的に実行できます。Teamcenterのブリーフケースブラウザはサプライヤー向けの使用しやすいツールで、これにより、サプライヤーは、Teamcenterを使用しなくても、OEMから設計データを受け取ったり、設計データを共有したりできます。この軽量なアプリケーションを使用することで、サプライヤーは、OEM設計パッケージにおいてオフラインで作業できます。
  • 早い段階で、調達およびサプライヤーと設計チームをより緊密に結び付けることによって、コスト管理が改善され、本当の意味で、より革新的な製品の開発に影響を与えます。また、利益ある成長のための競争の中で、戦略的な武器として、バリューチェーンを同期させ、サプライヤーの潜在的なイノベーション能力を活用することをサポートします。

 

Teamcenter CAPAによる品質管理
Teamcenterの是正措置と予防措置(CAPA)ソリューションは、さまざまな形式の苦情、欠陥、不適合を把握するためのエンタープライズ全体の製品品質管理ソリューションを提供します。Teamcenterの品質管理を使用して、以下を実行できます。

  • 正式なプロセスに従って、品質問題を系統的に調査、分析、解決します。
  • 対策の定義を合理化して、再発を防止します。
  • シンプルかつ直感的な方法で結果を報告できます。

Teamcenterでは、エンタープライズレベルの拡張可能な基盤を構築し、重要な製品品質データの特定、分析、共有を行い、クローズドループ型の問題解決を提供します。設計、製造、品質改善チームは、シックスシグマやリーンイニシアティブに直接影響を及ぼす、必要な情報を同じ画面で共有できます。
Teamcenterの品質管理ソリューションでは、重大な製品品質の特性、欠陥、不適合を可視化して、問題を解決することで、グローバルで広範なエンタープライズ全体において、より賢明な意思決定を下すことができます。これにより、CAPAの効率性が向上し、品質に関わる全コストを低減します。

Teamcenter製品コスト管理

  • Teamcenterの製品コスト管理ソリューションでは、統合された製品ライフサイクルコスト戦略を立案するための絶好の機会を提供します。Teamcenterでは、製品ライフサイクルのあらゆる領域を扱うだけでなく、その製品の「DNA」が競争上の優位性のための会社資産として捉えられ、再利用されているかといった、より深いレベルでの製品のコスト分析と予測を提供します。製品コスト管理の向上より、継続的な改善、バリューエンジニアリング、NPI予測のローリングのベストプラクティスでループを完結できます。
  • Teamcenterでは、豊富な製品ライフサイクルデータすべてが、1つの論理的なリポジトリの中にあります。コストの見積り、購入価格の分析、または変更にかかるコストの把握のいずれの場合も、Teamcenterの製品コストソリューション(旧称:Perfect ProCalc)を使用すると、効率的にコストを分析でき、効果的にリソースを最適化できます。製品ライフサイクルの初期段階に、正確なコスト見積りをもとに、NPI投資の意思決定を行うことができます。Teamcenterの製品コストプロセスおよびPLMプロセスを使用することにより、部門の枠を超えた複数の製品チームが、製品ライフサイクルの初期の製品計画の段階から、リスクを減らしたり、製品の収益率を増加させたりして、よりよい製品へとつながるための、より賢明な決断を下すことができます。
  • 各部門のコストエンジニアリングソリューションとして、また部門の枠を超えた製品コスト管理の最適化のための全体的なエンタープライズソリューションとして、Teamcenterの製品コスト管理を使用することができます。Teamcenterに組み込まれている製品コスト管理の知識により、会社全体にわたるコスト管理プロセスの透明性、品質、効率を大幅に高める一貫した基準を提供されます。
  • さらに、Teamcenterのツール用コストソリューション(旧称:Perfect CalCard)は、ツールの調達時に、見積りを作成したりコストを分析する際に、最新かつ信頼性の高いコスト管理を提供します。射出成形、ダイキャスティング、切削、スタンピング、またはその他の製造工具など、工具の使用者と製造者の両方が、Teamcenter製品コスト管理ソリューションに完全に統合された形で、工具コストに関する意思決定を行うことができます。

 

Teamcenter持続可能性と環境規制の遵守

  • Teamcenterを使用すると、環境に優しい「グリーン」製品の開発をサポートするため、物質コンプライアンスソリューションを使用して、持続可能性と環境適合設定(DfE)のイニシアティブのフレームワークを構築できます。Teamcenterにより、自社の製品が世界の特定地域の環境規制にきちんと適合しているかどうかを素早く把握することができます。
  • 原材料と物質の情報を管理して、製品部品表で原材料と物質の追跡と集約を行うことで、製品を原材料レベルでコントロールして、有害物質の使用を制限します。ライフサイクルの初期段階で、製品に対する物質規制の影響を判断することができ、その収益への影響も確認できます。・複雑な製品のコンプライアンスを確立し文書化するために必要となる、物質レベルまで掘り下げた、膨大な量の環境データの収集と管理に関連するコストを削減します。Teamcenterは、会社が承認した原材料情報の単一の情報源として使用できます。これにより、PLMアプリケーションのTeamcenterラインナップ全体にわたってこの原材料情報を活用できます。
  • Teamcenterでは、PE INTERNATIONALのコンプライアンスプロセスマネージャー(CPM)ツールを使用しています。PE INTERNATIONALは、戦略的コンサルティング、ソフトウェアソリューション、および広範なサービスを提供している、持続可能性分野のグローバルマーケットリーダーです。さまざまな環境コンプライアンス規制に従って、特定の物質についてBOMを確認できます。事前設定済みのルールセットにより、REACH(化学物質の登録、評価、認可および制限に関する規則)、RoHS(特定有害物質使用制限指令)、および紛争鉱物規制などの世界の各規制の変更を簡単に理解したり、変化に対応したりすることができます。
  • 製品要件を効果的に管理するのをサポートする持続可能性フレームワークは、持続可能な製品設計を実現するために重要です。Teamcenterでは、製品設計から製造工程、その後の製品使用までの要件をトレースします。要件管理では、プログラムや製品のターゲットがあらかじめ正しく設定されていることを保証します。製品やプロセスの持続可能性を最初の段階から確立することで、製品のライフサイクルの先を見越すことができ、各フェーズに環境的考慮を含めることができます。要件をトレースすることで、プロセス全体をわたって要件を追跡でき、要件を満たした成果物を作成することができます。
  • Teamcenterでは、Teamcenterベースの持続可能性戦略と既存のツールおよびプロセスを連携させるために、サードパーティの物質源(MatMLまたはIMDSデータなど)およびサプライヤーの倉庫(BOMcheckなど)とのデータ交換を行うことができます。

 

Teamcenterシステムズエンジニアリング

  • Teamcenterでは、戦略目標を促進するために、さまざまなWebベースのグループウェアコラボレーションや情報リンク機能を提供しています。
  • ステンシルライブラリのグラフィカルなビルディングブロックにより、開発チームは、システム指向の観点(電子、電気、ソフトウェア、機械のコンポーネントを含む、領域間共通ソリューションに関する思考)から、複雑な製品を素早く記述して、完全なシステムアーキテクチャを構築できます。システムモデリングのビルディングブロックでは、製品階層の上位から細かいレベルの設計要素、プログラムの制約、および意思決定支援のためのプロジェクトノートへと分類されていきます。
  • 結合された設計要素により、開発者は設計コンテントをシステムアーキテクチャや顧客要件に合わせることができます。プログラムの制約により、開発チームは製品のコスト、性能、および他の関連する可変要素を管理できます。
  • プロジェクトノートは意思決定支援のために提供されます。開発者はプロジェクトノートを使用して、設計意図を説明し、それに関する懸念事項を記録し、関心のある適切な問題を提起することができます。
  • システムモデルの管理により、複数の製品やプログラムを通して実績のある設計データを再利用することができます。ドキュメント生成機能を使用すると、設計要素やインターフェイス定義を、領域間共通ソリューションのシステムアーキテクチャや要件の実際の複製品として取得したり、管理したり、再利用したりすることができます。
  • 要件管理とのシームレスな統合により、複数のソースから要件文書を取得したり、個々の要件のためにこれらの文書を解析したり、製品ライフサイクル管理(PLM)のために使用するのと同じ環境でこれらの要件を維持することができます。これは、さまざまな要件を、エンジニアリング、調達、製造計画、総合的品質、変更に関連する意思決定を行うために使用するワークフロー主導のプロセスに組み込むことを意味します。

 

各産業向けのソリューション

  • 航空宇宙および防衛

航空宇宙および防衛関連の組織は、卓越したパフォーマンスを実現する新しいプログラムに着手しています。そのためには、最新の技術、素材、製造プロセスを活用した航空機を開発する必要があります。同時に、政府は新しい航空機や関連システムを管理する技術に対応するために、インフラの安全性とセキュリティシステムの変革を推進しています。その原動力となるのは、航空宇宙産業や防衛産業のライフサイクルと総合的なバリューチェーンにわたって、プログラム管理をコラボレーションし同期する技術革新です。

 

  • 自動車および輸送

世界各国の消費者は、これまで以上に多くのオプションから移動手段を選択することができます。これによって、可能な限り効率よく、革新的で高品質の車両を提供するように、車両メーカーやサプライヤーに対して強いプレッシャーがかかります。当社の自動車産業および輸送産業向け製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションを使用すると、お客さまが最新の技術、素材、製造プロセスを活用して、より賢い意思決定に基づき製品を向上させることで、ますます複雑になる市場に対応できるようになります。

 

  • 電子機器および半導体

電子機器および半導体関連の企業は、適切な製品開発と市場投入期間の短縮化をサポートする、ベストプラクティスベースのソフトウェアソリューションを必要としています。当社の電子機器および半導体部品向け製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションを使用すると、お客さまが品質を向上し市場の位置付けを改善できるとともに、市場への早期投入を実現し、コスト削減および製品利益を確保することができるようになります。

 

  • エネルギーおよび水道光熱

シーメンスのPLMソフトウェアは、エネルギーおよび水道光熱事業に関連するサプライチェーンの業者やオペレーター、水道光熱サービス会社、および機器製造会社に対して、ベストプラクティスベースの多様なソフトウェアソリューションを提供します。このようなソリューションにより、ミッションクリティカルなエネルギーおよび水道光熱資産の設計、建設、維持管理、廃棄において、サプライチェーンのコラボレーションを支援します。

 

  • 産業機械および重機

重機および産業機械は、これまで以上に複雑になっています。競争がますます激しくなる市場では、技術革新を推進し、複雑な内容を管理する必要があります。シーメンスのPLMソフトウェアを使用することで、適切な製品を的確に製造することができます。

 

  • 船舶

シーメンスのマリーンソフトウェアを使用することで、造船技師や造船所は、最新の技術、素材、製造プロセスにより、高度な軍艦、商船、および海上プラットフォームを、より効果的に設計、開発、建設、サポートできます。また、これにより、総コストを削減し、艦隊のパフォーマンスを向上させることができます。"