Home

Select Country/RegionMalaysia

Hitachi Group Global Network

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa

Oceania

Close

You are here

日立データシステムズ

Hitachi Compute Blade 2000
ミッションクリティカルな業務に対応するエンタープライズクラスのプラットフォーム

  • Hitachi Compute Blade 2000プラットフォームは、ブレード技術の持つ従来の利点と今日のミッションクリティカルなデータセンターやクラウドアプリの管理者が求める高度な機能(特にアプリケーションや階層データにおける統合など)を組み合わせたプラットフォームです。柔軟なI/Oや論理区画(LPAR)方式の仮想化により、アプリケーションのニーズを満たし、変化し続けるワークロードのニーズに動的に対応するカスタマイズ設定が可能です。

Hitachi Compute Blade 500
仮想化やクラウドに最適なプラットフォーム

  • Hitachi Compute Blade 500は今日のミッションクリティカルなデータセンターが求める高度な機能と、コスト削減や投資保護のためにお客さまが求める高い計算密度と柔軟なアーキテクチャを組み合わせたプラットフォームです。Hitachi Compute Blade 500の特徴である柔軟なアーキテクチャと論理分割により、アプリケーションニーズを確実に満たす設定を行うことができます。また、1つのシャーシ内に複数のアプリケーションを簡単かつ安全に共存させることができます。