Home

Select Country/RegionMalaysia

Hitachi Group Global Network

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa

Oceania

Close

You are here

テクノロジーソリューション

仮想化は、組織のITインフラストラクチャの最適化と統合化の鍵となります。仮想化により、最適で、機敏性に優れ、コスト効率の高いデータセンターを構築できます。環境への配慮とビジネスのニーズに合った拡張性の高いソリューションを構築するのに役立ちます。統合された仮想化ソリューションは、デスクトップ、ストレージ、サーバー、ネットワーク、データセンター、およびITシステム環境など、ITインフラストラクチャ全体に適用可能です。このソリューションを使用すると、ビジネスにおいてIssS(サービスとしてのインフラストラクチャ)にアクセスするための最も効果的かつ効率的な方法をお客さまに適用できるようになり、仮想化技術により、市場での課題と機会に迅速に対応できます。

ITインフラストラクチャ管理の包括的かつ統合的なアプローチを提供しています。システムの運用と管理には、組織を支援するためのシステム、ネットワーク、キャパシティ、環境、サービス全体の運用管理を兼ね備えています。組織で多大な負担がかかっているIT運用チームが、必要な情報に迅速かつ簡単にアクセスできるようにすることで、少ない労力とコストで、サービス品質、予測性、および効率性を向上させます。

構内配線の設計および実装は、一連の標準規格に従って行われます。これらの規格では、データセンター、オフィス、集合住宅でデータおよび音声通信を行うための配線を規定しており、さまざまな種類のケーブル、最も一般的なカテゴリー5e(CAT-5E)、カテゴリー6(CAT-6)、光ファイバケーブル、およびモジュラコネクタを使用します。これらの規格は、お客さまのニーズを満たすためにさまざまなトポロジでケーブルを敷設する方法を定義します。一般的には、中央のパッチパネル(通常、19インチラックマウント)を使用して、そこから必要に応じて各モジュラコネクタを使用します。各アウトレットは、ネットワーク用のネットワークスイッチ(通常、ラックマウント)に接続されるか、IPまたはPBX(構内電話交換機)電話システムのパッチパネルに接続されます。

ネットワークアーキテクチャとは、組織のコンピュータネットワークの全体の枠組みを包括したものです。通信に使用されるハードウェアコンポーネント、ネットワークレイアウトとトポロジ、物理接続および無線接続、ケーブルおよびデバイスの種類、ソフトウェアのルールおよびプロトコルを含みます。データセンターのコア、データセンターのアクセス、キャンパスLANのコア/ディストリビューション、支社のLANアクセスだけでなく、小規模企業(スマートWebマネージド)および小規模企業(アンマネージド)まで、さまざまな場所および構成に対応した幅広いネットワーキングスイッチシリーズを提供しています。

ハードウェアの問題は、コスト面については言うまでなく、非常にやっかいな問題と言えます。ハードウェアメンテナンスサービスを使用すると、問題をシンプル化できます。マルチベンダーシステムに対応する、多彩でカスタマイズ可能なメンテナンスサービスとハードウェアサポートサービスを提供し、お客さまは一元化されたサポート窓口を利用して、ハードウェアの問題を迅速かつ簡単に解決できます。ベンダーが提供するハードウェアの標準保証範囲に加え、延長保証とメンテナンスサービスを提供し、ハードウェア投資を保護し、ハードウェア障害によるダウンタイムを最小限にとどめます。

セキュリティには、脅威の高度化、規制の複雑化、ITの進化に伴うニーズの増加という、3つの大きな問題があります。ネットワークを介した統合セキュリティを活用して、組織を確実に保護することが必要です。適応型脅威対策およびデータ保護では、データがどこに移動されても保護し、生産性を低下させません。ゲートウェイからエンドポイントに至るまで、データ侵害と業務中断を防ぎます。

モバイルクラウド時代では、組織はエンドユーザーコンピューティング向けの新しいモデルを活用しています。これにより、時間や場所を問わず、アプリケーション、コンテンツ、デバイスを、デスクトップからラップトップ、タブレット、スマートフォン、自動車へシームレスに移動できます。

データは戦略的資産です。ストレージと企業向けバックアップ管理ソリューションを使用することで、ビジネスクリティカルなデータを外部からの脅威から保護しながら、組織内でアクセスおよび使用可能な状態を維持します。

クラウドコンピューティング(単に「クラウド」とも言う)は、アプリケーションからデータセンターまで、インターネット経由の従量制料金体系にて、オンデマンドでリソースを提供するサービスです。クラウドコンピューティングの利用により、以下のことが可能になります。

  • ニーズに合わせて、簡単かつ迅速なスケールアップまたはスケールダウン
  • 使用量に応じて課金される料金体系
  • お客さまが必要としている、すべてのITサービスへのセルフサービスアクセス


以下のような、お客さまのビジネスニーズに合わせたクラウドサービスの展開をサポートします。

  • パブリッククラウド
  • プライベートクラウド
  • ハイブリッドクラウド