Home

Select Country/RegionMalaysia

Hitachi Group Global Network

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa

Oceania

Close

You are here

エンジニアリングソリューション

製品データ管理(PDM)とは、製品のデータとプロセスに関連する情報をソフトウェアを使用して単一の中央システムで管理することを言います。コンピュータ支援設計(CAD)データ、モデル、部品情報、製造指示書、要件、注意書き、ドキュメントなどの情報を管理します。組織全体の各チームが各種のアプリケーションを使ってアクセスして、それぞれのビジネスニーズを満たすことができるシステムが理想的なPDMシステムと言えます。どの業界においても、適切なPDMシステムを導入すれば、企業は強固な基盤を構築でき、完全な製品ライフサイクル管理(PLM)基盤へと容易に拡張できます。また、PDMシステムはセキュアなデータ管理、プロセスの実行管理、および構成管理を支援するソリューションを企業に提供します。

プラスチック射出成形シミュレーションソリューションでは、射出成形工程の適用範囲を最大限に広げるための詳細なシミュレーションに必要とされる真の3Dシミュレーションと視覚化技術を提供して、製品の設計と製造可能性を最適化し、市場投入までの時間を短縮し、製品の投資利益率(ROI)を最大化します。

デジタルマニュファクチャリングとは、シミュレーション、三次元(3D)表示、解析、およびさまざまなコラボレーションツールで構成される、統合コンピュータシステムを使用して、製品設計と製造プロセスを同時に定義することを言います。製造を考慮した設計(DFM)、コンピュータ統合生産(CIM)、フレキシブル生産方式、リーン生産方式などの製造戦略から発展させ、製品設計と製造プロセスをより強く連携させるというニーズに応えます。デジタルマニュファクチャリングは、製品ライフサイクル管理(PLM)と製造現場のさまざまなアプリケーションや設備を統合して、設計チームと製造チームとの製品関連情報の交換を可能にする要となります。この統合により、製品の市場投入期間の短縮や生産量の目標達成が実現し、同時に、コスト増となる下流プロセスでの変更をなくしてコスト削減を実現することができます。デジタルマニュファクチャリングシステムを使用すると、仮想環境において、ツーリング、組立ライン、作業ステーション、設備レイアウト、人間工学、リソースなど、製造プロセスを完全に定義できます。

コンピュータ支援製造(CAM)とは、一般的に、部品を製造するコンピュータ数値制御(CNC)の工作機械を操作するための詳細な命令(Gコード)を作成する数値制御(NC)のコンピュータソフトウェアのことを言います。さまざまな産業の製造業者が、CAMシステムの機能を使用して高品質な部品を製造しています。さまざまな産業の製造業者が、CAMシステムの機能を使用して高品質な部品を製造しています。また、CAMにより設計者は、ツーリング設計、コンピュータ支援設計(CAD)モデルの準備、NCプログラミング、三次元測定機(CMM)の検査プログラミング、工作機械のシミュレーション、ポストプロセッシングなどの製造計画を定義できます。製造計画が定義されると、直接数値制御(DNC)、ツール管理、CNCマシニング、CMMなど、実際の製造環境で製造計画が実施されます。

コンピュータ支援エンジニアリング(CAE)とは、コンピュータソフトウェアを使用して性能のシミュレーションを行い、さまざまな産業分野の製品設計を改良したり、エンジニアリング問題の解決を支援したりすることを言います。これには、製品、プロセス、製造ツールのシミュレーション、検証、最適化が含まれます。エンジニアリング問題の中には、基礎となる物理特性を表現するために、複数の現象のシミュレーションが必要なものがあります。そのため、CAEアプリケーションは、次のような広範囲のエンジニアリング分野や現象をサポートします。

 

  • 有限要素解析(FEA)を使用したコンポーネントやアセンブリの応力解析およびダイナミクス解析
  • 計算流体力学(CFD)による熱解析および流体解析
  • メカニズムのキネマティクス解析およびダイナミクス解析(マルチボディダイナミクス)
  • メカニカルイベントシミュレーション(MES)
  • 制御システム解析
  • 鋳造、成形、金型プレス成形などの製造プロセスのシミュレーション
  • 製品やプロセスの最適化 

コンピュータ支援設計(CAD)とは、コンピュータプログラムを使用して物理オブジェクトを二次元(2D)または三次元(3D)でグラフィカルに表現することを言います。製品設計や工業デザインの分野において、CADソフトウェアは、主に物理コンポーネントの詳細な3Dソリッドモデルまたはサーフェスモデル、あるいは2Dベクトルベースの図面の作成に使用されます。CADは、概念設計や製品レイアウトから、アセンブリの強度解析や動的解析、製造方法の定義まで、設計プロセス全体を通して使用されています。設計者は、さまざまな製品バリエーションをインタラクティブに、または自動的に解析し、製造に適した最適な設計を追求して、結果的に試作品の製作点数を最小化することができます。