Home

Select Country/RegionMalaysia

Hitachi Group Global Network

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa

Oceania

Close

You are here

ビジネスソリューション

現代社会において、相互接続とはコンピュータ同士、スマートデバイス同士の接続を超えた、人と人とをつなげるものとなっています。現在のトレンドでは、ソーシャルコラボレーションは社会で非常に重要な役割を果たし、その基盤は知識の共有、物事の決定、イノベーションの向上に役立っています。

優れたソーシャルコラボレーションツールを使用することで、ユーザーは仕事をスムーズに完結できます。個人や組織が、適材を関与させ、イノベーションを加速し、優れた業績を上げることを可能にします。ユーザーは既存の組織の枠を超え、自信を持って知識を共有することができます。優れた組織は、オフィスでも、モバイルデバイスからでも、ソーシャルコラボレーションを使用することで、従業員、ビジネスパートナー、お客さまをお互いに連動させ、イノベーションを生み出し、ビジネスネットワークの中で最大限に力を発揮できるようにしています。
 

モバイルサプライチェーンとは、サプライヤーから製造者、卸販売業者、リセラー、消費者への流れを1つのプロセスとして、原材料、情報、資金を管理することです。企業内および企業間において、これらの流れを連動させ統合します。効果的なサプライチェーンマネジメントを実現するための最終目標は、(必要なときのための製品確保を踏まえた)在庫の削減と言われています。サプライチェーンマネジメントを成功に導くソリューションとして、企業向けにモバイルサプライチェーンサービスのすべてあるいはその一部を提供するWebベースのアプリケーションサービスプロバイダー(ASP)に対抗する、Webインターフェイスを使用した高度なソフトウェアシステムがあります。

e-調達(電子調達、サプライヤーエクスチェンジ)とは、企業間取引(BtoB)または企業対行政間取引(BtoG)において、インターネットや、EDI(エレクトロニックデータインターチェンジ)、ERP(エンタープライズリソースプランニング)などの情報ネットワークシステムを介して、供給品、製作物、サービスの購入や販売を行うことです。

e-調達のバリューチェーンは、注文管理、e-Tendering、e-Auctioning、ベンダー管理、カタログ管理、発注書統合、発送状況、出荷明細、e-Invoicing、e-Payment、契約管理で構成されます。
 

エンタープライズリソースプランニング(ERP)は、ビジネス管理ソフトウェア(通常は、統合アプリケーションスイート)です。ビジネス活動から生じるデータを収集、格納、管理、解析するために使用します。

ERPは、データベース管理システムで管理されている共通データベースを使用して、コアビジネスプロセスの統合的な観点をリアルタイムで提供します。ERPシステムでは、現金、原材料、生産能力などのビジネスリソースと、注文、注文書、給料などのビジネスコミットメントのステータスを追跡します。システムを構成するアプリケーションは、製造、購買、営業、会計などの各部門間でデータを共有します。ERPは、すべてのビジネス機能における情報の流れを促進し、外部ステークホルダーとのつながりを管理します。

エンタープライズシステムソフトウェアは、さまざまなビジネス機能をサポートするコンポーネントを生産する、数十億ドル規模の産業です。大企業において、IT投資は、設備投資のカテゴリーの中で最大の投資額となっており、中小企業でのERPの利用が増えています。